ノベルティマーケティング!

お客の好みを知っておく

2016年10月20日 14時02分

カレンダーはいろいろな種類があって、書き込みできるような白い文字のもあれば、絵画など綺麗なデザインのものもあり、
壁にかけられるタイプもあれば机上型や卓上方も。
そして、客がどういうカレンダーを好み使ってるか見極めて、しっかり使ってくれるようなタイプを作り、見込み客に配布したいもの。
カレンダーはノベルティグッズでとても優秀であり予算の都合でケチらないようにしてください。
名入れカレンダー費用は100部単位1冊250円~600円程度。


そして、名入れカレンダーは使い切りノベルティで、11月~12月初め位にかけ配り、季節限定ノベルティ
配って壁にかけたり卓上に置いてもらうと1年間そこで自社商品、サービスをアピールし続けてくれます
配る時期が限定されるのはちょっと使いづらいかもしれません。
ですから、カレンダーは年末配るノベルティとして使うとし、ほかの時期配れるノベルティも考えましょう。
季節ごと必要なものを配れれば気が利いた会社ということもアピールできて、いろいろなタイプのノベルティを考えていて下さい。


そして、11月~1月まではカレンダー、5月~7月までは~といった具合。
季節によりお客さんが欲しくなるようなものは何か見定めることが大事です。