ノベルティマーケティング!

他社はどうしているか聞いてみる

2016年10月20日 16時21分

適当に考え配ったりすればお客の間の前に広告を置かせてもらうどころか、捨て置かれてしまったり、
まぎれて目論見が外れてしまいますから、効果があるノベルティを作りたいものですが、どうすればいいでしょうか?
そのヒントはゲリラマーケティングのテキストにある、
ノベルティグッズを扱う会社に聞くこと
これを扱う営業に同業他社がどういうノベルティグッズを使ってるか尋ねればいいです。
ここが繰り返し使ってるグッズはそれが1つのヒントとなって、同業他社も馬鹿ではなく効果がないようなノベルティは発注しませんから、
それをうまく聞き出せばいいわけです。そして自社ノベルティをまるっきり同じにしなくていいですが、
似たラインを探ってみると自社にぴったりのノベルティグッズを見つけられるかもしれません。


ですが、グッズを扱う営業が売りたいものは選ばないように。効果がないものを使うケースがあります。
そして、名入れカレンダーはノベルティの優等生ですが、自社の名前などはいったグッズを見込み客の身近に置くことがありますが、

一番はずれがないのがこのカレンダーです。
これに自社の名前、連絡先や商品名と手に入れられる場所を書いたものを配ってみれば事務所、家庭のどこかで使ってもらえて、
1年間ずっとこのスペースは、自社の名前をアピールし続けられます。